2017年3月16日木曜日

離婚のとき、家はどうやって分けるのですか?


こんにちは。名古屋の弁護士です!
さて今日は、離婚のときの財産分与のうち、不動産についてお話します。

 一般的には、不動産の時価を評価し、他の財産と合算し、貢献度に応じ
自の取得額を算出した上で、具体的な分与方法を決定しますが、夫婦の
どちらがその不動産を取得するかは事案によって異なります。

 夫名義にあった不動産はそのまま夫が取得し、妻に対して現金(代償金)
を分与するなどして他の財産で調整するという方法もありますし、
たとえば、妻が対象不動産に住み続けることを望む場合、妻への財産分与
額が不動産価額に満たない場合には、妻に対して持分を分与したり、あるい
は使用借権の設定などで調整することがあります。

 当事者の協議によっては、妻が夫名義の不動産を取得した上で、妻への
財産分与額に充つるまで夫が住宅ローンを支払い続けることもありますし、
 子が成人した時点で売却清算するとの約束をすることもあります。


なお、住宅ローンが残っている場合には、個別にご相談ください。




離婚のご相談は名古屋第一法律事務所・離婚法務部まで!

2017年3月2日木曜日

マザコンを理由に離婚できる?


こんにちは。名古屋の弁護士です!

本日は、マザコンを理由に離婚できるか?を考えてみたいと思います。

それではマザコン夫のモデルケースを見てみましょう。

‘私たち夫婦は夫の母と同居しているのですが、夫が極度のマザコンなのです。
 義母もそれを良いことに、私の作った料理にいちいち「私の味付けと違う」などと文句をつけています。
 夫は、私が義母に嫌がらせをされても絶対に私をかばってくれないのです。
それどころか「もっと母を見習え」などと言う始末です。
 夫はいい歳をしてたまに義母のことを「ママ」と呼んだりもします。’
 

さて、このようなケース、離婚は可能なのでしょうか・・・。

そもそも、離婚原因は民法770条に定められています。
簡単に申し上げますと、不貞行為があったとき、家を出たまま戻ってこない、などですが、それ以外にも、「婚姻を継続し難い重大な理由」に当たれば離婚できます。

夫が極度のマザコンというだけでは当たりませんが、それが原因でもう夫婦関係が修復不可能なまでに破綻すれば、「婚姻を継続し難い重大な理由」と言えるでしょう。いずれにせよ、マザコンにも度合いがありますので、一度弁護士にご相談頂くのが良いかと思います。