2017年3月16日木曜日

離婚のとき、家はどうやって分けるのですか?


こんにちは。名古屋の弁護士です!
さて今日は、離婚のときの財産分与のうち、不動産についてお話します。

 一般的には、不動産の時価を評価し、他の財産と合算し、貢献度に応じ
自の取得額を算出した上で、具体的な分与方法を決定しますが、夫婦の
どちらがその不動産を取得するかは事案によって異なります。

 夫名義にあった不動産はそのまま夫が取得し、妻に対して現金(代償金)
を分与するなどして他の財産で調整するという方法もありますし、
たとえば、妻が対象不動産に住み続けることを望む場合、妻への財産分与
額が不動産価額に満たない場合には、妻に対して持分を分与したり、あるい
は使用借権の設定などで調整することがあります。

 当事者の協議によっては、妻が夫名義の不動産を取得した上で、妻への
財産分与額に充つるまで夫が住宅ローンを支払い続けることもありますし、
 子が成人した時点で売却清算するとの約束をすることもあります。


なお、住宅ローンが残っている場合には、個別にご相談ください。




離婚のご相談は名古屋第一法律事務所・離婚法務部まで!

0 件のコメント:

コメントを投稿