2016年12月6日火曜日

別居親と子との面会交流について

こんにちは!名古屋の弁護士です。

今回は、別居している親と子の面会交流についてお話しします。

両親が別居していて,親の一方の元に子どもがいる場合,
離れて暮らしている親(「別居親」といいます)には
子と面会したり,その他の方法で親子としての交流をもつ権利があります。
離婚後だけでなく,離婚前の別居状態でも,面会交流権は認められています。

両親の間で,会う日時や受渡場所がすんなり決まる場合は問題ありません。

しかし,離婚をめぐって対立が激しかったり,
別居親による連れ去り・連れ戻しの懸念があったり,
子どもが別居親と会うことに消極的だったり,
といった事情で同居親が面会交流の実施を拒むと,
別居親は,家庭裁判所に面会交流調停を申し立てて,
その具体的な実施方法や条件について話し合われます。

子ども自身が別居親に会いたがっており, そのような子の意向について両親間に争いがなければ, 子の年齢や関係者の予定などを考慮して, 現実的に実施可能な頻度や面会時間,受渡場所が決められることになります。






他方,子ども自身が面会に消極的な場合には,
概ね小学校高学年以上の子であれば,「家庭裁判所調査官」が子どもに質問したりして子の意向を調査し, それよりも小さい子であれば,裁判所内の調査室などで別居親と子との「試行面接」を行ってその様子を調査官が観察するといった方法で, 消極的となっている原因を探ったり,「子の福祉」に沿う解決策を検討したりします。
調査の結果,すぐに子と別居親を面会させることが適切でないような場合には, 手紙や写真のやり取りといった間接的な交流方法から始めることもあります。

以上が,一般的な手続の流れです。

以下は,私のこれまでの面会交流案件の経験から感じていることをお話しします。

現在の家庭裁判所の方針は, 「面会交流は子の福祉に資する」との画一的,表面的な理解の下, 同居親の努力に依存する形で,その実施に過度に積極的である一方, 個々の事案において「どうして実施が難しいのか」といった点について, 慎重に検討する姿勢が乏しいように思います。
その結果,裁判所が杓子定規に決めた頻度や長さの面会を実施できず, 困り果てててしまう同居親の方が増えています。

離婚をめぐって争っている両親であっても,面会交流がうまくいっているケースというのは, 別居親が同居親の苦労・精神的負担への配慮を示していたり, 両親双方が,「面会交流は子どものため」とよく理解していたりします。

特に子が幼いうちは,同居親の協力なくして面会交流は実現しません。 面会が終わった後の子の変化(急な体調不良や機嫌等)に対応するのも同居親です。

別居親が,真に子どもに会いたいならば,面会交流の条件の調整や実施において, 「面会は権利である」と振りかざすのではなく, 同居親や子どもの言葉に真摯に耳を傾ける必要があるのではないでしょうか。


たとえ離婚しようとも,子と親との関係は一生続くものです。
子の健やかな成長や発達を目的として, 【子の親である】という点での最低限の信頼関係を両親が築けるよう, 代理人として活動していきたいと思っています。




離婚に関するご相談・ご依頼は,
名古屋第一法律事務所 離婚法務部
まで。



2016年11月15日火曜日

離婚後に支払われる養育費


こんにちは。名古屋の弁護士です!

今日は、養育費についてお話したいと思います👍


まず、払ってもらうべき養育費の額は、どのように決まるのでしょう?

父母の話し合いにより決まらない場合、調停で、父母それぞれの収入を
算定表にあてはめて、月額を算出するのが一般的です。

調停でもまとまらない場合には、裁判官に決めてもらうこともできますが、
その際にも算定表をふまえて、決定がなされます。

いずれにしても、算定表が基本です!


では、支払い期間はいつまでなのでしょうか?

支払い期間について、話し合いがまとまらず、裁判官が決める場合には、
子供が高校を卒業してすぐに就職するような場合を除いて、成年に達する
までとされています。
ただ、親の資力や学歴、その他の家庭環境を考慮して大学卒業までと決定
されることもあります。





2016年10月17日月曜日

別居中の生活費について

    こんにちは!名古屋の弁護士です。

    さて今日は、別居中の生活費についてお話します。

    夫婦には、互いに協力して扶助する義務があり、義務者(請求を受ける側)は権利者(請求する側)に対し、義務者が営む生活と同程度の生活を維持させなければならないとされています。
    したがって、妻が権利者の場合、義務者である夫に、夫が営む生活と同程度の生活を維持するための生活費(婚姻費用)を請求することができます。
    お子さんを育てていれば、養育費も婚姻費用の中に含まれます。

妻がどれくらいの生活費を請求できるかは、妻、夫の収入、お子さんの人数等によって異なり、一般的に算定表にあてはめて導き出されます。 
なお、別居してから日にちが経っている場合には、原則として、請求した時以降の婚姻費用しか認められないことが多いです。
ですので、別居後相手がすんなりと生活費を払ってくれない場合には、早期に婚姻費用分担請求の調停を起こすことをおすすめします。





2016年10月4日火曜日

離婚と退職金


こんにちは。名古屋の弁護士です!

Q 離婚する際、配偶者の退職金は財産分与の対象になるのでしょうか?

A 退職金も財産分与の対象となる場合があります。

退職金は給与の後払い的な性質がありますので、退職金も給与と同じように夫婦の共有財産として、財産分与の対象なり得るとされています。

そうだとしても、どういった場合に対象となるのでしょうか?

退職金は、退職時に受け取ることができるものです。会社の倒産や、そうでなくても会社の経済事情が悪くなって予定通りの退職金の額が支払われないとか、定年前に配偶者が退職してしまうということも十分考えられます。

そのため、退職金の支給を確実に受けられる見込みがなければ対象にはなりません。退職まで数十年ある場合などには、退職金の支給を確実に受けられるかどうかはわかりませんので、対象とはなりません。

他方、配偶者の定年退職の予定時期が近い場合、財産分与の対象とされるのです。具体的な請求権として認められるのです。

もっとも、財産分与の対象とされるのは、あくまで婚姻期間の間に相当する退職金となります。

このように、離婚をお考えになった時期が、相手方の配偶者の定年までそれほど離れていない時期であれば、退職金を財産分与の対象になり得ますので、退職金が財産分与の対象になるかどうか迷われるとき、具体的な算定方法をお知りになりたいときは、弁護士に相談することをお勧めします。

 離婚のご相談、ご依頼は、名古屋第一法律事務所・離婚法務部まで!

2016年9月20日火曜日

こんな時はどうやって離婚するの?

こんにちは。名古屋の弁護士です!

 よく、「離婚調停を起こしても相手が調停に来ないと思う・・・」とご心配され
方がいらっしゃいます。
 相手方が調停に来ない場合、どうなるのでしょうか。

・・・この場合は当事者で合意ができませんので、調停は不成立の形で終了
します。

 せっかく調停を起こしたのに、意味がないの?

 ・・・というご質問も頂きますが、そんなことはありません!

 離婚は、まずは調停を起こさなければ裁判を起こすことができないシステ
ムになっています。
 そのため、たとえ相手方が来なくても、一度は離婚調停を起こさなければ
ならないのです。

 逆に言えば、離婚調停を起こせば、相手方が来なくて調停が終了してしま
っても、その後離婚の裁判を起こすことができます!
 
 裁判では、相手が出席しなくても、何も決まらずに終了してしまうということ
はありません。
 相手方が調停に来ない場合は、すみやかに調停を終了させて、裁判を起
こすことをおすすめしています。



 離婚のご相談は、名古屋第一法律事務所・離婚法務部まで!


2016年9月2日金曜日

離婚するための手続について

こんにちは。
名古屋の弁護士です!

まだまだ暑い日が続きますね~。
さて今日は、離婚の手続のお話です!

 夫婦間で直接話し合い離婚についての合意が成立すれば、役所に離婚
を提出することにより協議離婚が成立します。
 この場合、裁判所の手続は必要ありませんね。
 
 では、夫婦間で直接話し合っても合意ができない場合は?

 まずは、家庭裁判所に離婚調停を起こすことになります。
 調停は、裁判所で行われる話し合いの手続です。
 2人1組(男女1人ずつ)の調停委員が話し合いの仲介をしてくれますの
で、直接交渉するよりも離婚の合意が成立しやすくなります。
 しかし、どうしても合意ができない場合、調停でも離婚は成立しません。
 その場合、調停は「不成立」という形で終了します。

 それでも離婚を希望するのであれば、離婚を請求する訴訟を起こすことに
なります。
 訴訟では、最終的に判決において民法に定める離婚事由にあたる事実が
認定され離婚の請求が認められれば、その判決の確定により離婚が成立し
ます。
 相手の同意は必要ありません。

 調停を本人でする方も結構いらっしゃいますが、調停委員が変な説得をし
てくる、相手方が弁護士をつけた、などの場合には、やはり弁護士をつけるこ
とをお勧めします。


 






2016年8月31日水曜日

離婚の慰謝料

 こんにちは。今日は8月31日ですね。小学生は夏休み最後の日だったでしょうか。
 僕は小学生の頃、自由研究で、スイカは冷蔵庫で冷やすと糖度が落ちるということを結果にまとめた記憶があります。
 でも、糖度が落ちたとしても、冷えていた方がスイカは美味しいですよね。

 さて、今回は、離婚の場合の慰謝料の額について、書きたいと思います。
 「慰謝料」は、離婚の話がでた場合、結構最初の方に頭に浮かぶことではないでしょうか。

 慰謝料の額は、婚姻関係が破綻に至る経緯、破綻原因に関する夫婦双方の言動及び責任の程度、破綻までの婚姻生活の状況、婚姻期間、離婚後の再婚の可能性、離婚後の経済的状況、子どもに対する影響の有無、子どもの年齢等、様々な事情を総合的に考慮して算定されます。
 つまり、人によって様々ということです。
 
 もっとも、慰謝料の額について参考となるデータがあります。
 東京家庭裁判所における平成16年4月1日から平成22年3月31日までの統計数値(「東京家庭裁判所における人事訴訟の審理の実情(第3版)」87頁参照)によれば、以下のようです。
 100万円以下が28,5%
 200万円以下が26,7%
 300万円以下が25,1%
 400万円以下が 7,3%
 500万円以下が 8,2%

 上記データをご覧になり、どのような感想をもたれたでしょうか。

 離婚の問題は、本当に人によって様々です。
 個別具体的にお話を伺い、その人にとって一番良い解決策を模索するしかありません。
 丁寧にお話を伺うことが、大事だと思っています。

 離婚のご相談は
まで! 

2016年8月16日火曜日

不倫した夫から離婚を求められたとき

こんにちは。名古屋の弁護士です。

夫が不倫をした上、離婚しろと迫ってきた・・・。
そんなひどい仕打ちを受ける妻もいます。

夫の離婚要求に応じないといけないのでしょうか?
離婚訴訟になった場合、離婚するという判決になってしまうのでしょうか?

・・・有責配偶者(浮気など離婚原因を作った方)からの離婚請求は、認め
られないわけではありませんが、訴訟ではより厳しく判断されることとなりま
す。
 例えば、別居しているとしても、かなりの別居期間でないと夫婦関係の破
綻が認められにくいです。
 具体的に何年で破綻と決まっているわけではありませんが、別居期間が8
年でも結論が分かれている判例もあります。
 また、別居期間だけでなく、有責性の程度、未成年のお子さんの有無、そ
の間の援助の有無・程度など、諸事情を考慮して判断されることになりま
す。









離婚のご相談は
まで!

2016年8月4日木曜日

嫌いになったら離婚できるの?

   こんにちは。
   名古屋の弁護士です!
   
   たまに「もう嫌いになった」、「性格が合わない」という理由で離婚を希望される方がいらっしゃいます。


   しかし、相手が離婚に反対しているときには、法律上簡単に離婚できるわけではありません。


離婚は重要な身分の変更を伴うものですし、その後の生活にも大きな影響を与えるものですから、法律は厳格な要件を定めています。

すなわち、不貞行為、悪意の遺棄(同居・扶養義務を果たさない)、婚姻関係が破綻して回復の見込みがないとき等に限られます。
性格の不一致、生活観の違いだけでは離婚は認められないのです。

離婚のご相談はこちらまで。


2016年7月20日水曜日


名古屋第一法律事務所 離婚法務部 ブログを始めました。

離婚は,どの夫婦にも起こりうる問題です。
 原因は,パートナーの浮気や暴力などに限らず,性格の不一致や姑との折り合いなど,その夫婦によって様々です。
 いずれにしても,離婚が現実的な問題となった時,戸惑い,不安に思われるでしょう。そんな時は,些細なことでもかまいません。
 迷わず,当事務所の離婚法務部所属弁護士へご相談下さい。きっと,皆様のお力になれると確信しております。
 お問合せは,名古屋第一法律事務所まで(http://www.daiichi-law.gr.jp/